TOEICの特徴・対策

TOEICは英検とは別の資格です。スコアによって、どれくらい英語力があるかを他の人に見られます。進学・就職どちらにも有利になるので、出来れば在学中に何度か受けておくと効率が良いです。年に何回も開催されているので、都合が合わなくて1度逃してもまた2ヵ月後ぐらいに受験できるチャンスが到来します。TOEICの受験形式は他の資格試験とは異なって個性的な部分が多く、しっかり予習しておかないと力を発揮出来ない可能性が高いです。しかし、予め過去問を解いてさえすればまず大丈夫でしょう。試験官との対話試験は英検と違って取り入れられていませんので、間違ってそこに時間を割かないように気をつけて下さい。また、1度過去問に目を通したら分かりますが問題数がかなり多いので、慣れておかないと最後まで解き終わらない危険性もあり、試験日までに準備万端な状態にすることが求められます。

TOEICの受験日までに準備を間に合わせよう

英語の資格試験は英検とTOEICのどちらを受けるべきか迷っている方に言いたいですが、結論からすれば両方とも受けて問題ないです。寧ろ両方結果を残せばその努力を認められます。TOEICは990点満点なので、そこに魅力を感じて受験意欲が増す方もいらっしゃいます。問題用紙はすべて英語で書かれていて、本格的な構成になっています。事前にこれを知らないと受験当日痛い目に遭います。しっかり対策しておけばそうならずに済むので、受験費用が無駄にならないように計画を立てて、手を抜かずに準備を進めましょう。合格不合格はなく、スコアで結果が残ります。ただし、万が一失敗したら再び受験するまでそのスコアのままなので、受験者には万全な準備が求められます。タイムを計りながら過去問題を1度だけでなく同じ何度も解いて、問題慣れしておきましょう。

TOEICの試験概要と対策

TOEICの試験は、変わっている部分はありますが、慣れれば他の試験同様に問題なく解き進めることが出来るので、まずは対策必須です。TOEICには年齢制限がなく、小学生からでも受験可能なので、自信があれば是非受けてみて下さい。目標のスコアによってどこまで解けば良いのかも、過去問を解いていたりすれば大体分かるようになります。1度受験すればその結果に関係なくスコアを残せます。ただし、それは次回以降更新するまで残ってしまうので、1回目でもなるべく目標点以上を叩き出したいところでしょう。TOEICを受験する前には、きちんと日程を確認して、受験内容を理解しておいて下さい。試験問題は全員共通ですから、一緒に受験した人の中にお友達などがもしいれば終わった後に答え合わせが出来るので、その部分は結構ありがたい部分です。